書籍詳細

農業開発の経済学 第2版
世界のフードシステムと資源利用

G.W.ノートン,J.オルワン,W.A.マスターズ 著
東京農業大学教授 板垣啓四郎 訳
ISBN978-4-88359-309-5 B5判 並製 285頁
定価(本体2,857円+税)
開発途上国の経済を発展させ貧困を削減させる重要なカギの一つとして、農業開発が重要な選択肢となる。環境の保全に配慮しつつ食料を増産し、農村・農家の所得を向上させることがミレニアムゴールの達成には不可欠である。本書は、農業開発経済学の理論と政策を、現状を踏まえてわかりやすく解説した教科書タイプの著作であり、こうした類の書物が数少ないわが国にとって貴重なテキストである。
注文方法