書籍詳細

第2版 食品学実験・実習
−食品分析・食品加工・食品鑑別・食の安全−

神戸女子大学名誉教授
長澤治子 編著
ISBN978-4-88359-361-3 B5判 並製 288頁
定価(本体2,100円+税)
食品に関する実験手法の殆ど(調理実習関連は除く)を収載。即ち、初版の内容に新たに次の項目を加えた。食品微生物実験の基本から衛生管理に至るまでの手法、固定化酵母の調製と利用、食品の機能性研究法、遺伝子組換え食品の鑑別法(分子生物学的方法)などである。一方で、食品成分の分析に酵素を利用する方法(生化学的方法)を増やした。大学1年から始まる学生実験・実習は言うに及ばず、大学院や企業における食品研究でも役立つ稀有の一冊となっている。

【執筆者】
 ・安達修二 京都先端科学大学教授
 ・井口博之 京都先端科学大学講師
 ・大橋哲也 甲子園大学栄養学部教授
 ・川口洋 くらしき作陽大学准教授
 ・木村万里子 神戸女子大学准教授
 ・塩見慎次郎 元くらしき作陽大学教授
 ・額田真喜子 くらしき作陽大学教授
 ・山下憲司  甲子園大学教授
 ・山本奈美  和歌山大准教授

注文方法