042-765-6460
(営業時間|平日9:00~17:00)
母乳哺育学
  • 仕様:A5判並製
  • 178ページ
  • ISBN978-4-88359-299-9
  • 発行日:2012/02/28

母乳哺育学

-カルシウム栄養に注目して-

米山京子

定価4,819円(4,381円+税)

在庫:あり

概要

本書は母乳成分や母乳栄養児の特性、および母親のカルシウム栄養に注目して、妊娠・長期授乳により健康な児を育み、母の骨量も高めるための授乳方法や生活スタイル、将来の母体を育む青年期の骨量と生活習慣について、著者の20余年間にわたる研究成果を解説したものである。母乳哺育の推進、低体重児出産および妊婦・授乳婦の骨粗鬆症の予防、青年の骨量増加に役立つ知見がエビデンスを含めて多く掲載されている。

目次

  • はじめに
第1章 母乳および母乳栄養児の特性
  • §1. 初乳の分泌量および栄養成分の濃度、それらと周産期要因との関係
  • §2. 母乳の分泌量および栄養成分の種々の要因による変動
  • §3. 母乳中の免疫物質:分泌型免疫グロブリンA
  • §4. 母乳分泌量および母乳成分の濃度と妊娠・授乳期の食事・栄養摂取との関係
  • §5. 母乳栄養児の発育パターン
  • §6. 母乳栄養児の発育と母乳からの栄養素摂取量
  • §7. 幼児期の発育の季節変動
  • §8. 母乳栄養と幼児期の食行動
  • §9. 母乳の冷蔵、冷凍保存および加熱による母乳成分への影響
第2章 妊娠・授乳とカルシウム栄養、母体の骨密度
  • §1. カルシウム栄養の重要性、超音波骨密度測定法
  • §2. 妊娠中の母の骨密度と胎児の発育との関係
  • §3. 妊娠中の骨代謝は骨密度に反映されるか
  • §4. 妊娠中の骨密度変化
  • §5. 妊婦・授乳婦における骨密度変化とカルシウムおよびたんぱく質摂取量との関係
  • §6. 妊娠中に骨密度を高める食品群
  • §7. 妊娠中の骨密度に影響する妊婦前および妊娠中の生活習慣
  • §8. 出産後骨粗鬆症
  • §9. 母乳のカルシウム濃度の維持機構
  • §10. 授乳期間、出産間隔による骨密度への影響とその回復
  • §11. 長期授乳による骨密度への影響とその回復:菜食主義者およびカルシウム摂取良好な雑食者について
  • §12. 授乳婦の骨密度に影響を与える要因
第3章 青年期・思春期の骨密度と生活習慣
  • §1. 青年期女性の骨密度に影響を及ぼす生活習慣
  • §2. 青年期における生活習慣の改善と骨密度変化
  • §3. 思春期の骨密度と生活習慣

  • あとがき
  • 索引

著者紹介

米山京子(よねやま きょうこ)

国立大学法人奈良教育大学名誉教授

    【主要論文】
  • Growth of Japanese breast-fed and bottle-fed infants from birth to 20 months. Annals of Human Biology21(1988).
  • 長期授乳婦の骨密度に及ぼすカルシウム摂取量増大の効果および長期授乳後の骨密度の回復.日本公衆衛生雑誌51(2004).
  • 妊娠前半期および後半期の骨密度変化に及ぼすカルシウムおよびたんぱく質摂取量の影響.日本公衆衛生雑誌57(2010).
※発行時の奥付より

助成出版

日本学術振興会科学研究費補助金成果公開促進費(出版助成金)による出版

装幀