042-765-6460
(営業時間|平日9:00~17:00)

出版方法

著者のご意向を伺いながら、5つの出版形態から最適な出版プランをご提案します。

弊社では出版形態を5つに分類しています。なかでも弊社独自の“費用立替出版”では、 著者のご負担を極力抑えるために、費用を弊社が立て替えて出版することができます。また各種助成金出版(大学出版助成金、科学研究費補助金を利用)にも力を入れており、申請手続きなどもお手伝いしております。下記の以外にも著者のご事情に合わせ、これらを組み合わせた【著者オリジナル版】のご提案もしています。

企画出版

弊社が企画して売上が見込める作品と判断した場合に、弊社が出版費用を負担して出版する形態です。著者には原稿料(印税)をお支払いします。

費用立替出版

所定の条件付きで、弊社が出版費用を立て替えて出版する形態です。テキストや講義で一定部数をご利用いただける場合にはご提案しています。

共同出版

所定の条件付きで、弊社が出版費用の一部を支援して出版する形態です。

助成金出版

大学の助成金、日本学術振興会などの出版助成金を申請し、採用された場合にはその助成金(全て、または一部)を利用して出版する形態です。提出用の見積書作成や申請手続きもお手伝いいたします。

日本学術振興会の科研費「研究成果公開促進費」の申請について

自費出版

著者に出版費用を全額ご負担いただき出版する形態です。本の内容や装幀、本の活用方法なども著者のご希望に合わせて自由にできます。

電子書籍について

本を読む環境の変化に柔軟に対応し、電子書籍の制作およびAmazon Kindleストアでの販売体制も整えております。基本的には紙の書籍をつくられた場合に、電子書籍(EPUB形式)の制作も一緒にお請けいたしております。紙の書籍の出版と合わせて電子書籍も制作することで、単体で電子書籍だけをつくるのに比べると大幅に制作コストが抑えられます。

電子書籍は専用端末、スマートフォンやタブレットのアプリ、パソコンで本と同じような感覚で読むことができます。文字サイズの変更、ページめくりなど便利な機能も充実し、データなので手軽にどこにでも何冊分でも持ち運びできます。紙の本を出版する機会にぜひご検討ください。

翻訳本の写真1
翻訳本の写真2

翻訳出版について

海外の研究者の論文や専門書を日本語に翻訳して出版したいというご要望にもお応えしています。海外の著作物を翻訳して販売するためには、著作物の出版権を持っている出版社などと交渉が必要になります。著者に代わって、弊社が翻訳エージェントを通して先方と折り合いがつくよう交渉し、翻訳権を取得いたします。これまでも多くの翻訳本を出版しておりますので、お任せください。

翻訳本の写真3
翻訳本の写真4
翻訳本の写真5
翻訳本の写真6

オフィシャルSNS